交通事故による慰謝料の程度はあくまでも本人が基準

交通事故の慰謝料には、他の民事的な案件と同じような基準が存在します。一方で、こうした慰謝料請求に関しては明確な基準というものが実は存在しません。



法律的にはそのようになっているので、請求したい金額だけを請求することができます。


もちろん、請求したからといって必ずその金額を手に入れることができるかどうかは全く別問題になりますが、被害者心理を考慮して慰謝料を請求することは法律が望んでいることなので何も悪いことではないという前提を理解しておきましょう。そもそも、交通事故で一般的な相場があるのは慰謝料を請求する人それぞれに対して不公平な結果にならないようにするという意味合いがあります。

例えば、ある人が金銭を請求して裁判や示談交渉をした場合に100万円のお金をもらうことができたとします。
しかし、全く同じような案件があった場合にその時の被害者が同じように裁判や示談交渉をした時には50万円程度の金銭しかもらうことができないとなってしまうと被害者同士でかなり不公平な結果になります。

交通事故の慰謝料の口コミ情報を掲載しています。

だからこそ、法律的には上限のない慰謝料であっても一定の基準を保険会社が作ってそれを相場と称しているわけです。
ただ、こうした相場がすべて正しいわけではないことは言うまでもありません。
精神的な苦痛によって金銭が変わる法律的な請求では、被害者自身の心情が第一に考えられてしかるべきです。

Yahoo!知恵袋関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

相場に納得がいかない場合には交通事故に関してそれ以上の金銭を要求できることも知っておきましょう。


Copyright (C) 2016 交通事故による慰謝料の程度はあくまでも本人が基準 All Rights Reserved.